編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立など3社、情報漏えい防止機能付きシンクライアントのレンタルサービス

ニューズフロント

2006-02-17 18:01

 日立製作所、オリックス・レンテック、日本通信の3社は2月17日、情報漏えい防止機能付きシンクライアント端末のレンタルサービス「FLORA Se210リモートアクセスパック」を発表した。4月1日よりサービスを開始する。

 日立の情報漏えい防止機能付きシンクライアント端末「FLORA Se210」に、無線通信カードや第3世代携帯電話(3G携帯)のデータ通信サービスを組み合わせる。日本通信がデータ通信サービスなどを調達。オリックス・レンテックがサービス主体として、顧客への貸し出し業務などを行う。

 外出先や自宅にシンクライアント端末を設置し、リモートアクセスで会社のパソコンを操作する、といった用途を見込む。

 128bit SSLの通信暗号化機能を提供するほか、USB認証キーとパスワードによる個人認証に対応。なりすましなどによるパソコンへの不正アクセスを防止する。個人認証や通信の暗号化はASPサービスで提供するため、認証、暗号化サーバの設置やシステム構築は不要。導入コストの削減が図れるという。1台あたりの利用料金は、100ユーザーパックで初期費用が7035円、月額利用料が1万7010円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]