「次期Ubuntuのリリースを6週間遅らせたい」--プロジェクト創設者が提案

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年03月14日 19時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntu Linuxの新バージョンはこれまで6カ月間隔で規則正しく発表されてきた。だが、プロジェクト創設者のMark Shuttleworth氏は、重要なアップグレードとなる次バージョンの信頼性を改善するために発表を6週間程度遅らせたいと考えている。

 次バージョン「Dapper Drake」は、4月にリリースされる予定だ。現行の「Ubuntu 5.10(Breezy Badger)」ではサポート期間が18カ月であるのに対し、次バージョンではデスクトップ版が3年、サーバ版が5年というように、サポート期間が長くなる。

 こうした特徴を備えた製品を自信をもって発表することが重要だとShuttleworth氏は米国時間3月10日付けの電子メールで述べた。「これから5年間、Dapperと付き合うことになるのだから、製品寿命を通してUbuntuプロジェクトにとって真の資産になるようにあと数週間待とうではないか」とShuttleworth氏は述べた。

 Ubuntuの人気は高まっている。たとえば、IBMは2005年12月、Ubuntu上で同社のデータベースソフトウェアDB2が動作することを確認した。しかし、課題もまだ残っている。3月12日には、Breezy Badgerに重大なセキュリティリスクが見つかり、そのパッチが公開された。これは、管理者のルートパスワードが、システムのインストールログに、誰もが簡単に読める通常のテキストファイルとして保存されていたというものだ。

 Ubuntuメンバーは、3月14日に行われる2つのインターネットチャットミーティングでリリースを遅らすことに関する賛否を議論できるとShuttleworth氏は述べた。

 Shuttleworth氏はこれまで予定通り公開されてきたUbuntuの評判を傷つけたくないと考える一方で、公開を数週間遅らせれば、多くのメリットを得られるとも考えている。同氏は具体的には、より多くの試験を実施できることや、より多くのハードウェアとソフトウェアを認証できること、アジア各国の言語のサポート状況を向上させられること、インタフェースを改善できることを挙げている。Ubuntuの開発を支援するShuttleworth氏の新興企業Canonicalは、新バージョンに24時間対応のサポートを提供することになっている。

 UbuntuのライバルであるRed HatのFedoraは大幅なアップデートを予定している。Fedora Core 5は3月20日に発表される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算