編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ベリサインと三井物産、ICタグとネットを使った次世代流通システムで協業

WebBCN (BCN)

2006-03-15 11:54

 日本ベリサイン(橋本晃秀社長兼CEO)と三井物産(槍田松瑩社長)は3月14日、インターネットと無線ICタグを使った次世代の流通システム事業で協業すると発表した。

 2社が開発するのは流通、製造、卸業を対象にしたシステム。製造情報など を書き込んだ無線ICタグを製品に1つ1つに付け、ベリサインのICタグ用データ ベース「EPCglobal」で管理、必要に応じてインターネット経由で情報を確認 できるようにする。ベリサインがICタグのデータベースの運営や管理、認証機 能などを担当。企業への基幹業務システム導入で実績のある三井物産は業種ご とに利用されているシステムの情報などを提供する。

 2社ではまず三井物産がこれまで基幹業務システムを手がけた企業を対象に マーケティング活動を開始。同時にデータベースの利用環境を整え、早期にサービスを本格展開する方針。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]