編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

2005年のオンラインストレージ市場、前年比10.6%の成長--IDCが発表

エースラッシュ

2006-03-15 20:53

 IDC Japanは3月15日、「Japan Storage Vision 2006」において国内ディスクストレージシステム市場の2005年実績を発表した。

 発表によると、外付型と内蔵型を合計した2005年のディスクストレージシステムの国内出荷金額は2708億5900万円で、前年比5.0%減、4年連続のマイナス成長だった。このうち外付型のものは2126億9500万円、前年比6.1%減となっている。出荷容量は144.0PBで前年比49.9%増、このうち外付型のものは100.7PBで56.1%増となった。

 2005年第4四半期の出荷実績は、外付型が532億8400万円で前年同期比0.4%増、出荷容量は29.2PBで前年同期比56.3%増と、2期連続のプラス成長となっている。

 外付型の国内出荷金額が前年割れとなった原因は、メインフレームディスクストレージシステムが前年比24.5%減と大幅な落ち込みを記録したことにある。これは、メインフレーム投資の縮小や、大容量を必要とする新アプリケーションが登場していないことが影響しているという。

 一方で、オープンシステムディスクストレージシステムは前年比2.2%増、2年連続のプラス成長となっている。WindowsやLinuxのディスクストレージシステムが高い成長を達成し、近年下降傾向にあったUnixディスクストレージシステムが横ばいとなったことがその原因だ。

 国内出荷金額に占めるオープンシステムディスクストレージシステムのシェアは72.5%に上昇し、メインフレームからオープンシステムへの投資シフトが進んだことがわかる。

 さらに接続環境別に見ると、SANとNASをあわせたネットワークストレージの出荷金額は1008億400万円で前年比10.6%増、外付型に占めるネットワークストレージの比率は47.4%に上昇している。このことから、国内企業のネットワークストレージへの投資は一層の統合や運用・管理の簡素化を目指す第2の発展期に入ろうとしている、とIDCでは分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]