NECとアルティア橋本、金型に直接RFIDを装着する管理システムの実証実験

ニューズフロント

2006-03-17 14:37

 NECとアルティア橋本は3月17日、自動車用外装部品の製造に使う金型や製造設備などに無線ICタグ(RFID)を直接取り付けて管理する「金型管理システム」について、実証実験を共同で実施していると発表した。実験は1月から3月末まで実施する。

 アルティア橋本は、自動車用外装部品の製造を手がける企業だ。こうした外装部品を作る際に使用する金型は、RFIDの装着が難しい金属素材であり、高熱や油にさらされ、振動や湿度などの厳しい環境で利用される。

 これまで金型を棚卸ししたり工場間で移動したりする場合には、金型の現物と紙の台帳を目視で照合していた。この作業には非常に時間がかかるうえ、金型を保管棚から出し入れすることから安全面の問題もあった。

 実証実験では、NECとNECエンジニアリングのRFID技術を適用した。RFIDの装着が難しいとされる金型本体に金属対応RFIDを直付けし、資産の棚卸しや工場間移管の際に、ハンディターミナルを通してサーバの保管場所情報や移管情報を参照し、それらの内容を適宜変更する。

 なお、サーバ上の資産管理電子台帳上は、NEC、アルティア橋本、村瀬電気が共同で構築した。この台帳には、4万点の金型および冶具、7000点の製造装置などの資産に対し、型番、保管場所(工場名と倉庫内設置位置)、利用履歴などを登録してある。本社のサーバで一元管理し、WAN経由で各工場から共有できる。

 RFIDで金型を管理したところ、迅速かつ正確な資産情報の確認、更新が可能となり、棚卸し管理工数を50%削減することに成功した。

 アルティア橋本では、今後、同社の6工場で保有する4万点の金型、冶具、設備機械などすべての生産設備資産を対象に、RFID直付け金型管理システムの導入を計画している。棚卸し管理工数の80%削減や、資産管理精度のさらなる向上を目指す。

 一方、NECは、製造業向けのRFID活用ソリューションの商品化するとともに、RFID事業の推進を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]