編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

サン電子、電子メール情報漏えい対策の暗号化サーバーソフト

WebBCN (BCN)

2006-03-20 08:07

 サン電子(若井富幸社長)は、ゲートサーバー型のメール暗号化サーバーソ フト「SPIS-BOX SMS-300」を発売した。

 すでに販売中の同シリーズ「SPIS-BOX SMS-100/200」の電子署名自動付加機 能に電子メールの暗号化機能を追加したもの。シリーズの共通機能である、社 員用電子証明書のサーバーでの一括管理、数万枚規模の電子証明書管理と、暗 号化に必要な相手先の公開鍵をサーバーで一括管理機能を備える。

 各クライアントPCへの設定作業を省略でき、電子メール暗号化対策の運用が 容易になる。また、ゲートサーバー型なので、既設のフィルタリングサーバー やウィルスチェックサーバーに影響を与えずに導入できる。さらに、プライベー トCAを利用すれば配布用の鍵の生成・配布も可能で、運用コストの削減も可能。

 電子メールの暗号化方式は、国際標準のS/MIMEに準拠、クライアントPCに専 用ソフトをインストールする必要はない。そのため、海外との電子メールのや り取りにも安心して使用できる。また、日本版SOX法への対応では、電子メー ルの暗号化とログの取得を同時に満たせる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]