編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KDDI、法人向けイントラ接続型パケット定額サービスを8月から開始

目黒譲二

2006-04-12 20:21

 KDDIは4月12日、法人ユーザー向けに企業イントラネットへのデータ通信を定額料金で利用できるイントラ接続型「WIN DATA CARD定額サービス」の提供を8月から開始すると発表した。

 イントラ接続型WIN DATA CARD定額サービスは、PCからauデータ通信専用カード「W01K」を使用して、KDDIのリモートアクセスサービス「CPA(cdma Packet Access)」経由で、企業のイントラネットへ接続するパケット通信料を定額で提供するサービスだ。

 毎月の通信料金の予算管理を容易にしたいという法人ユーザーのニーズに応えたもので、CPAと同一名義のW01Kを50回線以上契約しているユーザーが提供の対象となる。利用可能なCPAサービスは帯域共有型メニュー「タイプA」のみとなり、サービスの利用に関する認証を行うため、W01Kを利用するPCに専用のソフトウェアをインストールする必要がある。

 料金は1回線あたり月額9240円からとなっており、別途、CPAサービス料金とイントラネットサービス料金がかかる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]