編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本SGI、VizImpressイニシアティブ旗揚げ、コンテンツ新しい表示法普及で

WebBCN (BCN)

2006-04-13 11:46

 日本SGI(和泉法夫社長)は、ハードウェアメーカーやSIer、コンテンツ・クリエイターと共同で「VizImpressイニシアティブ」を旗揚げした。同団体は、 対話型リッチコンテンツ統合プレゼンテーション・ソリューションである「VizImpress」を中核とする、次世代型のコンテンツ表示機能の普及を目指すもの 。当初は14社で活動をスタートし、年内に計50社の参画を目指す。

 「VizImpress」は動画やイメージ、Flash、CGなどのコンテンツをインタラ クティブに表示できるプラットフォーム。同団体の活動によって、金融や流通、 サービス、製造業などの一般企業をはじめ、メディアや放送局、通信事業者、大 学・官公庁、自治体などで、「VizImpress」利用して、コンテンツを活かしたソ リューションを構築できる。また、日本SGIは、同団体に参加する企業に対して 、技術情報や詳細な情報提供やワークショップの定期的な開催などを通して、ビ ジネスの拡大やコンテンツのクオリティの向上を支援する。

 

 今回の設立にあたり、「VizImpress」の表示やタッチパネル、コンテンツな どを担う14社が正式に参画し、第1回の「VizImpressビジネス・パートナー・フォーラム」を4月13日の13時30分から東京・赤坂のカナダ大使館で開催する。 これに続き、5月23日に開催予定の「日本SGI SiliconLIVE!フォーラム」に併 設して第2回目を開催する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]