編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

エアバス、ダッソーの「DELMIAデジタル・マニュファクチャリング・テクノロジ」を活用

CNET Japan Staff

2006-04-13 16:14

 IBMとDassault Systemesは3月21日、Airbusが新しい航空機プログラムに向けて自動組立ラインのシミュレーション、検証、ロボット組立用ラインプログラミング用に、デジタル・マニュファクチャリング・ソリューション「DELMIA V5 Robotics」を採用したことを発表した。

 同ソリューションは、軍用輸送機A400Mの開発で初めて利用される。A400Mは、「CATIA V5」を使って設計される予定で、シミュレーションにDELMIA V5を利用する。これによりAirbusは、プログラミング期間を最適化し、オフラインプログラミングによって生産リソースを継続的にきめ細かくチューニングできるようになる。

 また、このソリューションには、Dassault SystemesのテクノロジパートナーであるCENITが提供するツール「FASTIP-FASTRIM」も使用され、トリミング、ドリリング、リベッティングなどの機能を提供する。

 Airbusはさらに、これらのロボティクスソリューションのほか、エルゴノミクスとアセンブリー・シミュレーション・ツールの「DELMIA V5 HUMAN」および「DELMIA V5 DPMAssembly」も採用している。同ソリューションは、設計ライフサイクル全般にわたって、航空機の各部に組立や保守作業時のアクセススペースが十分確保されているかどうかをチェックすることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]