編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Oracle Database 10g」、脆弱性を突くエクスプロイトコードが出現

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-04-21 16:11

 Oracleのデータベースの脆弱性を突くエクスプロイトコードがウェブ上で公開された。Oracleのデータベースを利用する企業は、パッチ適用が急がれる。

 このエクスプロイトコードは、Oracleが「Critical Patch Update」として四半期毎の定例パッチをリリースした翌日にあたる19日に公開された。セキュリティ企業のSymantecは、自社DeepSightサービスで、顧客に注意を呼びかけている。

 このエクスプロイトコードは、人気のあるセキュリティメーリングリストのBugTraqで公開された。「Oracle Database 10g」を狙ったもので、攻撃者はシステムの管理権限を得られるようだ。

 Oracleは18日の定例パッチリリースで、40近くの脆弱性に対応した。Symantecによると、そのうちのいくつかはエクスプロイトコードを利用して攻撃可能だが、そうではないものもあるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]