編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

デル、省電力推進プロジェクト「Green Grid」に参加

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-08 15:26

 テキサス州オースチン発--Advanced Micro Devices(AMD)の最高経営責任者(CEO)Hector Ruiz氏が当地開催の2006 World Congress on Information Technology(WCIT)にて米国時間5月3日に行った発表によると、Dellが、AMDの支援するデータセンターの省電力推進プロジェクトへの参加に同意したという。

 Dellは、AMD、Sun Microsystems、Hewlett-Packard、IBMが2006年4月に立ち上げた非営利団体「Green Grid」に加わる。Rackable SystemsとEgeneraもまた同団体に加わった。Green Gridは、データセンターの省電力化を目指しているITマネージャーのための意見交換の場を提供し、ベストプラクティスを紹介することを目的とする団体だ。

 電力消費は、ITマネージャーの抱える最も差し迫った問題の1つとなっている。サーバに搭載されたプロセッサが大量の電力を消費するのに加え、サーバが稼動する部屋の室温を一定に保つための冷房設備の消費電力も増える一方だ。

 Ruiz氏によると、DellのGreen Grid参加の決断については、同社の創業者で会長のMichael Dell氏がWCITでの基調講演でより詳しく説明する予定だと言う。DellはAMDの強力なライバルであるIntelのチップを利用する顧客で、両社の間で揺れ動いた時期もあったが現在もIntel製品しか使っていない。しかし、AMDが提供する最新のサーバ用チップはIntel製チップよりも消費電力が小さく、AMDのパートナー企業はこれをDellに対抗するセールスポイントとして利用しようとしている。

 WCITは2年に1度、世界のIT問題と展望について話し合うために開催される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]