HPがデータセンターの冷却に一工夫--消費電力を60%削減

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:坂和敏(編集部) 2006年05月09日 14時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Hewlett-Packard(HP)が、データセンターの空調に必要な消費電力を60%削減し、計算能力と消費電力の問題に直面する企業を助ける技術のテストを開始した。

 この技術は、一面に張り巡らされた多数のセンサを利用する。カリフォルニア州パロアルトにある同社のデータセンターでは、約185平方メートルの範囲に900個のセンサが設置されている。そして、空調による空気の流れと温度設定を管理するデータを、これらのセンサがコントロールシステムに送信する仕組みになっている。

 著名な科学技術者で、HP Labsに所属するChandrakant Patel氏は、米国時間3日に当地で報道陣に説明会を開き、この新しい仕組みを使うことで、標準の21度に設定して空調設備をフルパワーで稼働させなくても、可能なときは風量を弱めて25度で運用できる、と語った。同氏はこの技術を「ダイナミックスマート冷却コントローラ」と呼んだ。

 Patel氏の主張によると、今日のデータセンターで一般に行われている強引な冷却方法には改善の余地がかなり残っているという。「最先端技術が使われていない」(Patel氏)

 サーバがぎっしりと詰め込まれ、それらの消費電力が高まるなか、データセンターの管理者は急増する電力需要に悪戦苦闘している。Intelなど、製品販売が低迷している企業は消費電力あたりのパフォーマンスを呪文のように唱え、Advanced Micro Devices(AMD)やSun Microsystemsなどは自社製品のエネルギー効率をアピールしている。

 IDCのアナリストJohn Humphries氏は、顧客の動向が増大する消費電力の問題をよく示しているとし、以下のような顧客調査結果を示した。

・10年前に平均100ワットの電力を消費していたサーバが、現在は平均400ワットも消費するようになっている。

・データセンターの運営費のうち、15〜20%は電力と空調にかかる費用が占めている。

・10年前のコンピュータラックは1台あたり平均7台のサーバを収納していたが、現在は平均20〜22台も収容している。

・10年前の配電システムは5〜8キロワットの電力を供給する設計だったが、新しいデータセンターは20キロワット以上を供給する設計になっている。

・10年前、サーバは世界合計で約600万台しかなかった。だが現在、その数は2400万台まで増加しており、IDCではこれが2010年までに3500万台に達すると予測している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化