編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アドベントネット、ヘルプデスク構築ソリューションの新製品を販売開始

CNET Japan Staff

2006-05-19 21:25

 アドベントネットは5月19日、ヘルプデスク構築ソリューション 「AdventNet ManageEngine ServiceDesk Plus5.0」(ServiceDesk Plus)の販売活動を開始すると発表した。

 ServiceDesk Plusは、同社のネットワーク系開発ツールなどのノウハウをベースに開発された、ウェブベースのヘルプデスク構築ソリューション。ヘルプデスク機能に加え、IT資産管理の機能も合わせ持つ。

 ヘルプデスクおよびIT資産管理機能では、ユーザーからの問い合せに対するチケット発行、管理、IT資産や契約のライフサイクル管理、ナレッジベースなどの基本的な機能を搭載している。すべての機能をウェブベースで実現しており、エージェントを必要としない簡易なアーキテクチャを採用している点も特徴という。

 動作環境は、OSがWindows 2000 Professional+SP4、Windows 2000/2003 Server、Windows XP Professional、Redhat Linux 7.2以降、Redhat Enterprise Linux ES 3.0/4.0、AS 3.0/4.0、Debian 3.0。クライアント用ウェブブラウザとしては、Mozilla 1.5以上、Internet Explorer 6.0以上に対応している。

 価格は、オペレーター数によるライセンス形式となっており、2オペレーター版の場合、年間ライセンスが11万9000円、通常ライセンスが37万3000円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]