編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ボーランド、CORBA対応の分散アプリ統合ミドルウェアの最新版「VisiBroker 7.0」

ニューズフロント

2006-05-31 18:36

 ボーランドは5月31日、分散アプリケーション用ミドルウェアの最新版「Borland VisiBroker 7.0」の販売を開始した。開発/運用ライセンスの税込み価格は、31万5000円からとする。

 VisiBrokerは、分散ソフトモジュール間通信の標準仕様であるCORBA技術をベースとするミドルウェア製品。最新版はサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応となり、C++、Java、C#などのプログラミング言語で開発されたアプリケーションや、さまざまなプラットフォーム向けアプリケーションを、CORBAアプリケーションと統合できる。ボーランドの統合開発環境(IDE)製品とも連携可能で、「CORBAアプリケーション開発の生産性を高め、市場投入までの時間を短縮する」(ボーランド)。

 通信事業者向けLinuxのMontaVista Linux Carrier Grade Edition(CGE)に対応したほか、リアルタイム機能を新たに搭載した。ボーランドは、「高性能、高可用性、障害管理、リアルタイムパフォーマンスを要求されるテレコム業界に最適なミドルウェア」としている。対応プラットフォームは、当初Windows、HP-UX、Solarisとなる。AIX、Linux(Red Hat、SuSE、MontaVista CGE)向けは、今夏出荷する予定。

 ボーランドは、J2EEアプリケーションサーバ「Borland AppServer 6.6」の販売を6月9日に始める。J2EE 1.4とJDK5に対応する。運用ライセンスの税込み価格は、157万5000円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]