編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

米国食品医薬品局、人材確保にビジネスオブジェクツ製品を活用

CNET Japan Staff

2006-06-05 19:47

 BusinessObjectsは6月5日、米国食品医薬品局(FDA)が同社製品を人事系のBI標準に採用したことを発表した。

 FDAは、約9000人の従業員に関する情報の分析、一般的な人事統計へのアクセス、各人の傾向の把握、潜在的な労働力の課題予測などを行うために、BusinessObjectsのツール群を使用する。

 FDAでは、契約、一時雇用、パートタイムなどの従業員を採用しているが、これらの従業員データを全体的に把握するために、アクセス制限が強固なFDAの人事データベースである「EASE」へ、社内外のデータベースから情報を統合。BusinessObjectsのツールにより、レポート作成や分析を行っている。

 これにより、個人データを深く把握し、公務員の退職、定着率、採用など、今後の人事問題の予測が可能になった。たとえば、今後数年間で定年を迎える科学者数を把握することで、その欠員補充のための新規採用人数を予測し、プランを策定できるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]