編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MSOL、エカハウのリアルタイム位置検知システムを発表--Wi-Fiを利用

CNET Japan Staff

2006-06-26 20:14

 丸紅ソリューション(MSOL)と米国のEkahau(エカハウ)は6月26日、Ekahauがフィンランドの拠点で開発したリアルタイム位置検知システム(RTLS:Real-Time Location System)の専用Wi-Fiタグ「T301-A」を発表した。

 T301-Aは、無線LANを利用したRTLSソフトウエア「Ekahau Positioning Engine」用に設計された専用Wi-Fiタグ。寸法は縦44mm×横55mm×幅19mm、重量は50gと小型・軽量で、バッテリー寿命は最長5年間。本体に赤と緑のLEDと2個のコールボタンを搭載している。コールボタンは、タグからの緊急信号の送信に使われ、「だれが」「どこで」緊急信号を発信したかを検知することが可能だ。

T301-A 「T301-A」Wi-Fiタグ

 Ekahau Positioning Engineを搭載したRTLS管理サーバとT301-A間の双方向通信機能が最大の特徴で、管理者は同エンジンの管理メニューから無線LAN経由でT301-Aの設定変更ができるほか、特定のタグからブザー音やLEDを点灯させたり、タグのファームウエア(ソフトウエア)を一括更新したりすることが可能だ。

 2006年9月より販売を開始する予定。販売開始後1年間で1.5億円、2年後で4億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]