編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

日本IBM、Windows Storage Server最新版搭載のエントリクラスファイルサーバを発表

CNET Japan Staff

2006-07-14 16:11

 日本IBMは7月13日、ストレージサーバ専用OSである「Microsoft Windows Storage Server 2003 R2 Standard x64 Edition」をプリロードしたファイルサーバ特化型x86サーバ「IBM eServer xSeries 206m Storage Server(x206m Storage Server)」を発表した。7月26日に出荷する予定。

 x206m Storage Serverは、インテルの最新デュアルコアプロセッサ「Pentium D」を搭載し、1テラバイトのハードディスクを内蔵している。Microsoft Windows Storage Server 2003 R2 Standard x64 Editionをプリロードしたことで、設定が容易なことも特徴という。

 電源は、ホットスワップ対応で冗長化されている。ホットスワップ対応のシリアルATAインターフェースハードディスクを内蔵しているほか、大容量256Mバイトキャッシュを搭載したRAIDアダプタを装備。データ保護性能を高めるRAID5の構成で出荷される。また、外付けディスク装置もサポートする。ソフトウェアとして「IBM Director Agent」「IBM ServeRAID Manager」「IBM Tivoli Continuous Data Protection for Files 2.1(トライアル版)」が付属する。

 IBMダイレクトでの価格は31万円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]