編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

F5、SSL VPNアプライアンスでベリサインのワンタイムパスワード認証を使用可能に

ニューズフロント

2006-08-03 16:16

 日本ベリサインとF5ネットワークスジャパンは8月3日、F5ネットワークスのSSL VPN装置「FirePass」とベリサインの認証製品「ベリサインユニファイドオーセンティケーション(UA)」の相互運用試験を実施し、動作検証を終えたと発表した。これにより、SSL VPN使用時にベリサインUAのワンタイムパスワード(OTP)トークンを使った認証が行える。

 FirePassは、SSL VPN環境を構築するためのアプライアンス製品。ベリサインUAと連携させることで、FirePassへのログオン時にID/パスワードとOTPを併用し、より安全な二因子認証を利用可能とした。

 なお、ベリサインUAは、OTP生成アルゴリズムなどの構成要素でオープンな技術を使用している。そのため、「既存システムに導入しやすい柔軟性とシステム拡張性により、低コストなFirePassとの連携や、安全性の高いSSL VPN導入を実現できた」(両社)という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]