3PAR、中小規模向けの新製品「InServ E200ストレージ・サーバ」を発表

柴田克己(編集部)

2006-08-29 08:00

 スリーパー・データ(3PAR)は8月28日、ストレージシステムの新製品「InServ E200ストレージ・サーバ」を発表した。

 同製品は、3PARの主力製品となる大規模向け製品である「InServ Sシリーズ」のミッドレンジ版にあたり、中小規模の企業やサービスプロバイダーでの導入に適しているという。部門単位の重複する施設やリモートデータセンターの統合、テスト環境や開発環境といった利用シーンを提案している。

 3PARでは、仮想化技術をベースにした「ユーティリティ・ストレージ」のコンセプトを提唱している。中でも、「3PAR Thin Provisioning」と呼ばれる独自のプロビジョニング技術によって、ストレージの容量を割り当て時に供給せず、共通のバッファプールを介してデータの書き込み時に供給するという手法によって、ユーザーの購入する物理容量を大幅に低減させることを可能にしているという。今回発表された「InServ E200」上では、ハイエンドにあたるSシリーズと共通のOS、各種ソフトウェアが利用でき、ソフトウェア面での能力は同等だ。

 3PARdata, Inc、マーケティング担当副社長のCraig Nunes氏は、「3PARの技術によって、ストレージの利用効率は2倍以上に向上できる。これは、従来のストレージベンダーのビジネスモデルを破壊する可能性を持つ」と言う。

InServ E200 サードパーティ製のラックにも対応可能な「InServ E200」

 E200には、147Gバイトおよび300Gバイトのファイバチャネル、500Gバイトのニアラインドライブを16〜128基搭載可能。容量は、2Tバイトから最大63Tバイトまで対応する。また、ファイバーチャネルホストポート(4〜12)、iSCSIホストポート(4、オプション)を混在して搭載でき、複数のワークロードに対応することが可能という。

 E200の提供価格について、3PAR日本法人の代表取締役副社長である加藤賢造氏は、「(3年保守込みで)1000万円を切るくらいからになるだろう」としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]