日本HP、Montecito搭載サーバを発表--エントリーレベルのラインアップを強化

藤本京子(編集部) 2006年09月07日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は9月7日、インテルが7月に発表したItanium 2シリーズ初のデュアルコアプロセッサ9000番台(開発コード名:Montecito)を搭載した「HP Integrityサーバシリーズ」を発表した。同日より販売開始する。

 ハイエンドサーバの「HP Superdome」および既存のIntegrityシリーズ全機種に新プロセッサを搭載するほか、エントリーレベルの製品ラインアップを強化した。

 今回新たに投入したエントリーレベルの新機種は、「rx6600」と「rx3600」。これまで上位機種のみに搭載されていたHPの独自開発によるチップセット「HP zx2」が実装されたほか、2つのメモリチップに障害が発生してもシステムが停止しないメモリのダブルチップスペアリング機能、メモリ障害によるシステムへの影響を回避するアドレスラインとコントロールラインのパリティチェック機能、PCIバスのECC保護など、上位機種の機能を積極的に採用した。

 またHPは、エントリーレベルの製品販売を強化するため、サーバにプロセッサ、メモリ、HDD、OSなどをバンドルし、システム構成の手間を削減する低価格バンドル製品「HP Integrity QuickValue」シリーズを発表した。rx2620バンドルは、デュアルコア1.40GHz/12Mバイトのプロセッサ1基、2Gバイトのメモリ、73Gバイトのハードディスクが2基、DVDドライブ、HP-UX11iがプリインストールされており、価格は110万円(税抜き)。rx3600バンドルは、プロセッサの周波数が1.42GHzとなっているほかはrx2620バンドルと同じで、価格は160万円(税抜き)となる。

 富士通やNECなど国内の大手サーバベンダーは、インテルがMontecitoを発表すると同時に新型サーバを発表していた。HPの発表はひと足遅れたようにも感じるが、HP広報部では「すぐに注文が入って生産が追いつかないよりは、十分に準備した状態で発表したかった」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化