編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

女王をサポート--英国王室、システム管理者を公募

文:Gemma Simpson(CNET News.com) 翻訳校正:向井朋子、福岡洋一

2006-10-19 19:09

 バッキンガム宮殿では、イギリス王室全体をカバーする、女王Elizabeth 2世のコンピュータシステムの管理を行う技術責任者を求めている。

 技術責任者の年俸は、7万ポンドから8万ポンド(およそ13万2000ドルから15万1000ドル)だ。このITおよび電気通信の責任者は、英国各地にいる900人以上のユーザーの管理と、情報通信技術(ICT)に関する幅広い取り組みを担当する。

 バッキンガム宮殿の関係者は、Silicon.comの取材に対し次のように述べている。「効率的な情報通信戦略は、王室の仕事の下支えとなる。この職務の中心は、ICTの統合と強化のための改変プログラムを開発し、実行することにある」

 技術責任者の求人広告は、「取締役あるいは同等レベル」のポジションに就いたことがあり、ネットワークシステムのデスクトップ、携帯やネットワーク電話、ウェブベースのコミュニケーションを駆使する「洗練されたユーザーサポートや開発職」を経験した公共および民間部門からの応募者を求めている。

 この技術責任者のポジションへの応募は、現地時間10月16日に締め切られた。

 伝えられるところによると、Elizabeth女王はハイテクに詳しく、次男のAndrew王子からプレゼントされたシルバーの「iPod mini」と、ノートパソコンをすでに所有しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]