編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Linuxサポートはオラクルにとって戦略的価値あり」:Ubuntuプロジェクトの創始者が語る - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-23 19:32

 Shuttleworth氏は、過去にもLinuxが戦略的ツールとして利用された例があるとし、その一例としてRed Hatとサーバ販売会社との関係を挙げた。同氏は詳しくは語らなかったが、その1つの例としては、Red Hatの製品は高すぎるとして、Novell製の比較的安価なSUSE Linux Enterprise Serverを再販売する戦略を取っているDellが挙げられる。

 Shuttleworth氏は、「大手ハードウェアベンダー各社とRed Hatとの関係を見ると、(ハードウェアメーカー各社は自社版Linuxを販売していないにも関わらず)両者の間で戦術的ゲームが展開されていることは明白だ」とした上で、「その点Oracleの場合、市場に同様の戦術的影響を与えるためのコストは(ハードウェアベンダー各社に比べ)はるかに安く済む。Oracleはただ、目標を達成するために別の戦略を選択すればいいだけだ」と指摘した。

 この件についてOracleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。しかし、Oracleは、Canonicalのサーバ市場参入に向けた取り組みを知らないわけではない。

 Oracle Technology NetworkのJustin Kestelyn氏は自身のブログ上で、Highway 101のOracle本社(カリフォルニア州レッドウッドショアーズ)に向かうための出口付近にUbuntuの広告看板が設置されたと述べた。

 しかしShuttleworth氏は、看板の設置場所について、単にその付近でよく渋滞が発生するため、と説明した。

 Shuttleworth氏は、「私はOracleが、同社自身が必要とするLinuxの各部分をうまくサポートする技術や能力を備えていると確信している」とし、さらに「(Oracleは)Linuxをめぐる競争は、WindowsやAIX、Solarisをめぐる競争とは異なるという明確なメッセージを市場に送ることになるだろう」と語った。

 Linux業界の関係者らも(Oracleの動きに)注目するだろう。Shuttleworth氏はその可能性について「Linux市場のちょっとした現状確認と考えたらいい」と語った。

 Oracleといえば、有力なプロプライエタリソフトウェア企業だが、Shuttleworth氏は、同社をオープンソースであるLinuxの味方と見なしたがっているようだ。

 Shuttleworth氏は、「(Linuxは)無料のソフトウェアなので、結局、ユーザーは特に必要なサービスに対して料金を支払うことになる」とし、「それは大変素晴らしいメッセージであり、そのメッセージを明確に送るOracleは大変賢明だ」と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]