編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

日本通信、3GケータイとPHSのデータ通信を組み合わせたパッケージを提供へ

浅賀美東江

2006-11-01 12:08

 日本通信は10月31日、3G携帯電話とPHSを融合した通信サービス、「Doccica(ドッチーカ)」シリーズの商品化を発表した。

 ドッチーカは、3Gデータ通信サービスとPHSデータ通信サービスを組み合わせ、両者間のシームレスな通信を提供するサービス。

 3G接続用およびPHS接続用のデータ通信カード、データ通信料、インターネット接続料、接続ツールなどが一つのパッケージに収められ、ユーザーは、ソフトウェアをインストールすれば、定額使い放題でサービスの利用が可能。通信利用期間は6カ月間で、価格は15万〜20万円を想定している。

 通信速度重視のハイスピードモード、バッテリー駆動重視の省エネモードなど、ユーザーのニーズに応じた最適なネットワークを自動的に選択するインテリジェント・コネクションモードを備え、ワイヤレス通信には、日本通信が法人向けサービスとして提供している、セキュリティ機能を付加している。

 日本通信によると、すでにドッチーカのサービス設計および基本ソフトウェアの開発を完了。今後、3G移動体通信事業者とMVNO契約を締結し、相互接続が実現でき次第、サービスの最終検証を実施し、ドッチーカを発売する予定としている。

 日本通信では、ドッチーカの発売時期を、3G移動体通信事業者各社とのMVNO契約による相互接続完了から1カ月以内とし、将来的には、異なる無線アクセス方式を一つの端末で利用できるデュアル・モード・カードの開発も予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]