編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Ubuntu開発を支援するCanonical、サンのGlassFishを配布へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、岩坂彰

2006-11-08 19:51

 Linuxのディストリビューション「Ubuntu」の開発を支援するCanonicalが米国時間11月8日、Ubuntu Linuxサーバ上でのJava対応のため、Sun Microsystemsのオープンソースソフトウェア「GlassFish」を配布することを発表する。2005年にリリースされたGlassFishは、サーバ上で各種プログラムを稼動させる「Java Enterprise Edition」(Java EE)のオープンソース版だ。このソフトウェアは「Java Standard Edition」(Java SE)のコアコンポーネントをベースにしているが、Java SEに関しては、2006年中にオープンソース化開始の計画がある。GlassFishは、Apache Software Foundationの「Geronimo」やRed Hatの「JBoss」などのオープンソースソフトウェアアプリケーションと競合する。

 CanonicalはUbuntuを商用化しようとしており、その一環として、11月5日からUbuntuユーザーであるGoogleの施設(カリフォルニア州マウンテンビュー)でUbuntu開発者会議「Ubuntu Developer Summit」を開催している。またSunとCanonicalは、予想されたとおり、Sunの「Fire X4100」「Fire X4200」サーバおよび「Ultra 20」「Ultra 40」ワークステーションでのUbuntuの動作認定を発表する。これらのマシンはすべてAdvanced Micro Devices(AMD)製プロセッサ「Opteron」を搭載している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]