編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

東芝ソル、統合CRM「T-SQUARE」の機能強化版をリリース

CNET Japan Staff

2006-11-10 12:25

 東芝ソリューションは11月9日、統合CRMソリューション「T-SQUARE」シリーズの機能強化版を出荷すると発表した。

 統合コンタクトセンター向けの「CT-SQUARE」では、ユーザー企業自らが画面内の項目や画面レイアウトを自由に設定できる「フレックスブロック」機能を搭載した。また、消費財メーカーなどの消費者向けコンタクトセンターで必要となる「オペレータサポート」機能を強化している。問い合わせ内容のコピーや、問い合わせた消費者の仮登録などが可能になっている。

 フィールドサービス向けの「FS-SQUARE」では、サービスセンター業務として最も効率化を求める声が強かった「アサインメントボード」機能を搭載している。この機能を利用することで、サービス要員のスケジュール調整や作業割当といった作業をブラウザ上で行うことができる。また、顧客へのサービスに対応できるスキルを有する要員の自動化抽出ができ、ディスパッチ業務の効率化が図れるという。

 顧客情報統合の「CDi-SQUARe」は、顧客情報を統合する際のマスターとなるデータの初期値をより精度高く自動生成する「マスタクリエイティング」機能を搭載している。

 またもモバイル向けのCRMとして「ma-SQUARE」の場合、携帯電話などを利用を可能にした「営業支援テンプレート」、また携帯電話をフィールサービスの端末として利用するための「フィールドサービステンプレート」を用意している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]