編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

CTC、文書管理システム「EIMANAGER/Web」を開発--インターフェースにFlashを採用

CNET Japan Staff

2006-11-13 15:23

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC、旧伊藤忠テクノサイエンス)は11月10日、米Adobe Systemsの「Adobe Flex」によるFlashインターフェースを利用した企業向け文書管理システム「EIMANAGER/Web(イーアイ・マネージャー/ウェブ)」を開発したことを発表した。同日から販売を開始する。

 EIMANAGER/Webは、インターフェース設計にリッチインターネットアプリケーション構築ツール「Adobe Flex」によるFlashインターフェースを採用し、ドラッグ&ドロップなどの簡易な操作でウェブ経由のデータベースアクセスを可能にする。

 コアとなるライブラリシステムはJavaで開発され、フロー設計やセキュリティポリシーに合わせたアクセス制御の設定およびカスタマイズを容易に行えるという。

 最近の文書管理システムは、サーバで一元管理されたデータをクライアント側の汎用ブラウザソフトで操作するウェブベースが主流となっている。クライアント側に専用ソフトが不要であるために、運用が容易だ。

 「しかし、ブラウザソフトの機能やインターフェースに制約が多いことやネットワーク環境によってはレスポンスが低下するなど、利便性や操作性の点では、欠点もある」(CTC)

 EIMANAGER/WebがインターフェースとしているFlashは無償配布されている「Flash Player」を利用することで、アプリケーションやOSに依存せずに、さまざまな環境でリッチなユーザーインターフェースを実現可能にするフォーマットだ。これにより、ウェブベースの運用性を活かしつつ、高い操作性と利便性を実現しているという。

 価格は1000ユーザーで2500万円から。初年度10億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]