編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソリッドギア、読み出し専用miniSD/microSDカード提供へ--1枚200円台

ニューズフロント

2006-11-16 12:35

 ソリッドギアは11月15日、データ容量2Mバイトの読み出し専用miniSDカード「SG-LSDM-2MB」とmicroSDカード「SG-LSDMC-2MB」を発表した。データ書き込み料金を含め、1枚当たり200円台という低価格で量産可能なため、携帯電話向け広告/宣伝用メディアとして使えるという。SG-LSDM-2MBは11月末、SG-LSDMC-2MBは2007年1月に販売を開始する。

 両カードについて、ソリッドギアは「メモリとコントローラを同一チップ上に混載した独自のワンチップLSIと、低コストを追求した実装技術により、200円台という低価格での量産(最低受注ロット数は500枚)を実現した」と説明する。データ容量は2Mバイトで、約120秒のプロモーションビデオや100枚の静止画(QVGAサイズ)を記録できる。著作権管理技術CPRMには対応していない。

 ソリッドギアは、「データを受領してから最短48時間で出荷できるため、即時性の高い広告、宣伝コンテンツの掲載に最適」としている。カードを提供するだけでなく、掲載コンテンツの制作、携帯電話向けデータへの変換、配布用パッケージのデザイン、調達、梱包まで、関連するサービスを一括提供する。

 今後は、100円台への低価格化と大容量化を図る。ソリッドギアでは、2007年に年間500万枚の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]