編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米ストラタス、最新のCPUを搭載しOSに「VOS」を採用した無停止サーバー

WebBCN(BCN)

2006-12-14 11:19

 米ストラタステクノロジーは、「ftServer Vシリーズシステム」の新製品として、フォールト・トレラント専用OS「VOS」を搭載した3モデルを発表した。これにより、カスタマーサイトで稼働中の既存アプリケーションの投資保護と最新テクノロジーによるパフォーマンス、生産性の向上を実現すると表明した。

 ラインアップは「ftServer Vシリーズ 250/300/500システム」の3モデル。最新のストラタスの無停止サーバーをベースとし、OSに「VOS」を採用。また、デュアルコアのXeon (2.8GHz)を2WAYで採用したハイエンドモデルをはじめ、インテルの最新のCPUを搭載する。これまでのインテルプロセッサーベースのVシリーズに比べ、CPUは最大で60%、ディスクIOパフォーマンスでは最大で100%高速化。また、新Vシリーズファミリーはストラタスの他の機種と同様、 99.99%を上回る連続可用性を実現する。

 「ftServer Vシリーズ」は、ストラタスの「Continuum」シリーズや以前のVシリーズで実行中の既存のミッション・クリティカルなアプリケーションを、最新のオープンなプラットフォームに移行できる。フォールト・トレラントによるデータ処理に合わせて、冗長化処理部、冷却機構とホットスワップで交換可能な電源ユニットを持つストラタスの新ストレージ装置「ftScalableストレージ」をサポートする。

日本ストラタステクノロジー=http://www.stratus.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]