編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MSとの提携に異議--ノベル主要オープンソースプログラマー、グーグルに転職 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-12-22 10:51

 MicrosoftとNovellの提携では、MicrosoftがNovellの「SUSE Linux Enterprise Server」を35万本販売することと、SUSEユーザーを特許侵害で訴えないことが合意された。また、両社はソフトウェアの部品間に互換性を持たせる作業にも取り組んでいる。MicrosoftはNovellに対し、5年間で3億800万ドルを支払うが、その大半はNovellがMicrosoftを特許関連の問題で訴えないようにするための対価。

 しかしAllison氏によると、NovellとMicrosoftの提携は、SambaやLinuxカーネルを管理するGNU General Public License(GPL)には理論的に違反していなくても、特定のプログラムの権利をすべてのユーザーに平等に与えるというオープンソースの信条に反するという。

 「私が問題にしているのは、この提携がライセンスの条文には違反していなくても、Sambaのコードをリリースする際に採用したGPLライセンスが趣旨とする、コードの受領者全員を平等に扱うという点に反すると考えるからだ」とAllison氏は述べている。

 この提携は、オープンソースコミュニティーとの間にしこりを残した。Free Software Foundationを設立し、最初のGPLを策定したRichard Stallman氏は11月、NovellとMicrosoftの提携はGPLのバージョン2には違反していないが、策定中のバージョン3ではこのような提携を排除する、と語っている。

 Linuxでライバル関係にあるRed HatもNovellの行動を非難した。Red Hatの主任弁護士の1人、Mark Webbink氏は自身のブログで、Novellの行為を英国のNeville Chamberlain元首相が第2次世界大戦前に行った有名な発表にたとえ、「融和政策だ。信条を犠牲にした」と非難した。

 また、一部の事項を廃案にしてはいるものの、NovellとMicrosoftはこの提携を擁護している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]