MS、1月度月例パッチをリリース--「Word」ゼロデイ脆弱性は手つかず

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年01月10日 12時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月9日、「Windows」および「Office」ソフトウェアの脆弱性を修復した。しかし、すでに存在が明らかになっていた複数の「Word」のゼロデイ脆弱性は、パッチが適用されないまま残る結果となった。

 月例パッチリリースの一環として、Microsoftは4件のセキュリティ情報とともに、10個の脆弱性を修復するパッチを提供した。3件のセキュリティ情報は、Microsoftの評価では最も深刻な「緊急」レベルに、残り1件は1段階低い「重要」レベルに認定されている。とはいえ、すべてのセキュリティ情報は、悪用されるとPCの乗っ取りを招くおそれのある脆弱性を対象としている。

 Microsoftの広報担当者は、「全ユーザーに対して、『Microsoft Update』に登録して『Automatic Updates』を有効化するよう推奨する。今月のアップデートをすべて適用し、システムの安全性を確保してもらいたい」と、電子メールによる声明の中に記した。

 修復された脆弱性のうちの3件は、以前から存在が確認されていた。だが、同様に知られている数件のゼロデイ脆弱性については、対策が講じられなかった。

 ネットワークセキュリティ企業nCircleのセキュリティ業務担当ディレクターAndrew Storms氏は、「パッチがリリースされていないことで、Wordのゼロデイ脆弱性がかえって目立つ結果になっている」と指摘し、おそらくは品質上の問題からこれらのパッチの提供が見合わせられたのだろうと述べた。Microsoftは5日、発表を予定していた8件のセキュリティ情報のうち4件を延期することを明らかにした。

 Microsoftが2007年に入り初めて修復したセキュリティ脆弱性は、WindowsおよびOfficeの複数のバージョンにおける特定ファイルの処理方法に関係するものだ。同社のセキュリティ情報によれば、攻撃者が作成した悪質なファイルを開いてしまうと、最悪の場合、脆弱なPCの制御権が奪われることがあるという。

 パッチが提供された10件の脆弱性の9件までが、Officeアプリケーションに存在している。このうち5件は「Excel」と、3件は「Outlook」と、1件はOfficeのブラジリアンポルトガル語文法チェック機能と関連がある。Microsoftは、脆弱性が攻撃に悪用されるきっかけとして、ユーザーが不正なファイルを開くことを挙げている。Windows版およびMac版のOfficeが、この問題の影響を受けるという。

 Symantec Security Responseのディレクターを務めるOliver Friedrichs氏は、「今回のパッチリリースから、Windowsプラットフォームのクライアント側の脆弱性問題が一向に縮小していない現状があらためて浮き彫りになった」と、声明の中で述べた。「攻撃者が脆弱性を悪用するまでの時間は、ますます短くなってきている。最新のソフトウェアパッチをなるべく速くインストールして身を守ることが、コンピュータユーザーにとっての急務だ」(Friedrichs氏)

 今回唯一のWindowsに関する脆弱性は、2006年9月、Windowsユーザーに対する攻撃発生後にMicrosoftが急いでパッチをリリースしたバグと似ている。同脆弱性は、Windowsに実装されているVector Markup Language(VML)ドキュメントをサポートする、「vgx.dll」コンポーネントに存在しているという。VMLは、ウェブ上で高品質なベクター画像を展開するのに使用されている言語。

 2006年のVML脆弱性と同様、今回の脆弱性も、ユーザーが「Internet Explorer」を用いてウェブ上の悪質なVMLフィルを閲覧してしまうことで、攻撃者に悪用されるおそれがある。IE 7を含む最近のバージョンのIEが動作する、最近のWindowsの全バージョンが影響を受けるが、「Windows Vista」は例外だとMicrosoftは説明している。

 Microsoftがリリースしたパッチは、Automatic Updatesを介して配布される。同社のダウンロード用ウェブサイト「Microsoft Update」から入手することも可能。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化