2年ぶりのバージョンアップ--「Vine Linux 4.1CR」が2月22日に発売

吉澤亨史

2007-02-01 18:44

 日本ブレインウェアとProject Vineは1月31日、カーネルに最新版の2.6を採用した商用Linuxディストリビューション「Vine Linux 4.1CR」を2月22日から発売すると発表した。

 Vine Linuxは、Linuxコミュニティの開発体制を継承するLinux商用ディストリビューション。日本語環境が充実しており、安定性やコンパクトさ、使いやすさが追求されていることが特長。また、インストールCD1枚のみに加え、いくつかのアプリケーションを追加したDVDエディションも用意した。

パッケージ

 新版では、Intel 32ビットアーキテクチャ互換PCとPowerPC搭載 Macintoshに対応したほか、TrueTypeフォントとしてリコー社製フォント8書体、ダイナコムウェア社製フォント5書体を採用した。また、Intel版には商用日本語入力システム「Wnn8 for Vine Linux」、Adobe Reader 7.0.9およびAdobe Flash Player 9を採用した。

 従来と同様に教育機関、研究機関のユーザーをはじめ、すべてのPCユーザーを対象としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]