NTTコムの日米間国際IPバックボーンが100Gbpsを突破--10年前は45Mbps

吉澤亨史

2007-02-06 20:22

 NTTコミュニケーションズは2月5日、日米間の国際IPバックボーンでの最大通信容量が100Gbpsを突破したことを発表した。

 日米間のIP通信サービスは、NTTが1997年7月に設立した国際通信会社「エヌ・ティ・ティ国際通信」の「国際インターネットゲートウェイサービス」により開始された。このときの日米間サービス提供容量は45Mbpsであった。2000年には米Tier1 ISPであるVerioを買収し、日米間の容量も1Gbpsを超えた。

 2001年にはSLA(品質保証制度)を導入し、2002年には商用IPv6サービスなどを開始、日米間容量は5Gbpsとなった。2005年にVoIPなどのアプリケーション増加に伴いSLA基準にジッタを採用、24Gbpsとなり、2006年には58Gbpsと倍増、2007年2月に100Gbpsを突破した。

 NTTコミュニケーションズでは、今後もIPバックボーンをベースに、大容量の企業通信を低廉な料金で提供していけるよう順次サービスや提供地域を拡大していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]