編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Linuxカーネル2.6.20リリース--仮想化技術「KVM」を統合

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-02-07 19:30

 新しい仮想化技術であるKernel Virtual Machine(KVM)モジュールがLinuxに正式に組み込まれた。KVMは現在、Linuxの生みの親で、同OSの開発を指揮するLinus Torvalds氏が米国時間2月4日にリリースしたLinuxカーネルのバージョン2.6.20に組み込まれている。

 メーリングリストへの投稿の中で、Torvalds氏はバージョン2.6.20の変更を要約して「多くの要素を詰め込み、徹底的に見直し、KVMを追加した」としている。

 KVMとは別のオープンソース仮想化マシンである「Xen」は、すでに広範にわたって開発されていて、Linuxの一部のディストリビューションに搭載されている。Xenと同様、KVMはWindowsとLinuxの両OSを起動できる。KVMを利用するには、Advanced Micro Devices(AMD)やIntelの最近のx86プロセッサに搭載された、ハードウェアレベルで仮想化をサポートする機能が必要になる。AMD、Intelはハードウェアレベルで仮想化をサポートする技術をそれぞれ「AMD-V」「IVT」と呼んでいる。

 仮想化は広い意味をもつテクノロジだが、最近は、1台のコンピュータで複数の独立したOSを稼働する機能を意味することが多い。これは、より少ないサーバをより効果的に使用して作業を集約する際や、変化する作業負荷に合わせてより容易に設定し直すことが可能なデータセンターを構築する際に役立つ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]