MS、2月度月例パッチで脆弱性20件に対処--Vista関連は含まず

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-02-14 10:42

 Microsoftは米国時間2月13日、「Windows」をはじめとする各種製品が抱える20件の脆弱性に対処するパッチをリリースした。ただし、OS関連の脆弱性で「Vista」に関係するものはなかった。

 今回のパッチは十数件のセキュリティ情報にまとめられ、Microsoftの月例パッチサイクルの一環としてリリースされた。そのうち6件の警告は、同社で最も深刻度の高い「緊急」に分類されている。これらの脆弱性があると、ユーザーがほとんどもしくは全く操作をしなくても、攻撃者が脆弱なコンピュータを完全に掌握できるようになる、としてMicrosoftは注意を呼びかけている。

 緊急に分類された脆弱性はWindows、「Internet Explorer」、「Office」、および「Windows Live OneCare」や「Windows Defender」などの各種セキュリティツールに含まれている。WindowsやOfficeに関する脆弱性は、いずれもMicrosoftの最新版であるVistaや「Office 2007」には影響がない。しかし、Windows DefenderはVistaに付属しているため、その部分において新OSは危険にさらされている。

 Microsoftは、未対応の「ゼロデイ」脆弱性を2月の月例パッチで一掃した。これらのセキュリティホールは、公にされながらも修正されていなかった。13日の月例パッチで対処した20件中7件の脆弱性はゼロデイ関連で、5件はOffice関連だった。Microsoftは、Officeが抱えるゼロデイのバグに対処するパッチを1月に投入する予定だったが、スケジュールを延期していた。

 今回の月例パッチが対処した脆弱性の大半は、脆弱なPCを使って悪質なウェブサイトにアクセスしたり、感染したドキュメントを開いたりしない限り危険はない。Microsoftの勧告によると、同社のセキュリティツールなどは不正なPDFファイルをスキャンすると危険にさらされるという。

 これらのアップデートは、「Automatic Update」を有効にしているWindows PCに対して自動配布される。また、Microsoftのウェブサイトから手動でダウンロードもできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]