編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アッカとMIND、アクセス回線とデータセンターの融合サービスを本格展開

CNET Japan Staff

2007-02-21 22:50

 アッカ・ネットワークスと三菱電機情報ネットワーク(MIND)は2月21日、ADSLを主軸としたアクセスサービスの提供で協業すると発表した。

 この協業で同社は、アッカの企業向けADSLアクセス回線とMINDのデータセンターを相互接続した「MILINDA(ミリンダ)」を外資系通信事業者向けサービスとして展開する。従来、日本のユーザー企業に対して自社で提供できるローカル回線が高額な専用線に限られていたものを、アッカのADSLによって低価格化できることがメリットだ。

 両社は、協業の第1弾として、シンガポールテレコム・ジャパン(SingTel)に同サービスの提供を開始する。SingTelは、同サービスを利用して、バックボーン(IP-VPN)と、日本でのローカル回線となるアッカの企業向けADSLをワンストップでユーザーに提供できるようにし、提供価格も3分の1程度に抑えられる見込みという。

 MINDのデータセンターには、現在SingTelを含む複数の通信事業者がアクセスポイントを設置している。特に外資系の通信事業者は、海外の通信網と日本のローカル回線とをつなぐ拠点として、MINDのデータセンターを活用しているという。

 MINDでは、MILINDAを採用するメリットとして、(1)高品質で低コストなグローバル・ネットワークをサポート、(2)ユーザーの利便性に応えるワンストップ提供サービスが実現――の2点を挙げている。

 (1)については、従来利用されていた専用線より廉価なアッカの企業向けADSLを、国内のアクセス回線としてユーザーに提供できるようになることを指している。ネットワーク品質は、ATM技術を利用した専用線レベルのセキュリティ、開通後24時間365日の監視・駆け付け保守対応など、企業ニーズに応える付加価値の高いサービスとなるとしている。

 (2)では、ユーザーが専用線以外のアクセス回線を希望する際、自社単独でのサービス展開は不可能という現状課題に対し、MILINDAを採用することで、アッカのADSLアクセス回線を自社サービスとして取り込むことが可能となるというもの。ローカル回線の手配・一次保守・請求などを含めたワンストップでのグローバルネットワークサービス提供ができる。

 サービスには、下り/上りが1Mbps/1Mbps(1Mbpsの帯域保証)のタイプAと同512Kbps/512KbpsのタイプBがラインアップされた。

イメージ図 MILINDAのサービスイメージ図
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]