シマンテック、Vistaの堅牢性を調査した報告書を発表

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月01日 15時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Vista」は、Microsoftの製品の中で最もセキュリティの高いOSかもしれないが、同OSの「Windows SideBar」やガジェットはセキュリティ上の脅威にさらされる危険性がある、とSymantecは述べている。

 Symantecが米国時間2月28日に発表した調査報告によると、最も危険性の高い脅威は、Microsoftの新OSであるVista向けに設計されたサードパーティー製アプリケーションであるという。Microsoftがセキュリティ機能の強化を図るようになったため、Symantecは現在同社と競合する立場にある。

 Symantec Security Response Centerのディレクターを務めるOliver Friedrichs氏は、Microsoftが2007年1月にリリースした一般ユーザー向けVistaについて、「サードパーティー製アプリケーションが相変わらず、最も危険にさらされやすい部分である。Microsoftは、中核となるOSをしっかりと保護しているが、サードパーティー製アプリケーションは保護されていない」と述べた。

 サードパーティー製アプリケーションのセキュリティが弱いことは新しい問題ではないが、攻撃者らはOSを避けて、アプリケーションスタックを狙う傾向にあるとFriedrichs氏は述べた。

 Symantecの調査によると、2006年の前半6カ月間に検出された新しいセキュリティ脆弱性の78%が、ウェブアプリケーションで発見されたものであるという。今日、脆弱性の大部分はPHP、Python、Perl、ASPなどの言語に発見されているが、Windows Vistaはその部分に対してはセキュリティを強化していないと同社は述べた。

 Friedrichs氏は、「Microsoftは、過去の問題は解決したが、セキュリティ上のリスクを完全に排除したわけではない」と述べた。

 Microsoftの広報担当者は、Windows Vistaは同社の今までのOSの中で最もセキュリティの高い製品だが、そのセキュリティ機能は、個々の機能をとっても機能全体をとっても、コンピュータセキュリティに対する「特効薬」として設計されているわけではないと述べた。

 同広報担当者は、「セキュリティとは選択をすることである」と述べ、「制限を厳しくすると、ユーザーは処理を実行するためにソフトウェアともっとやりとりしなければならなくなる。反対に、制限を緩くしたデフォルト設定を設けてユーザーの使いやすさを優先すると、システムが攻撃を受ける可能性は高くなる」と語った。

 「(Symantecの)調査結果は、Windows Vistaのセキュリティ技術の多くにはさまざまなオプションが提供されており、ユーザーが自分の判断で選択できるようになっている事実を正しく述べていない」と同氏は付け加えた。

 Vista自体については、Symantecは、Windows SideBarとガジェットがユーザーにセキュリティ上のリスクをもたらす危険性があるとしている。ガジェット、つまりツールは、スタティックなHTMLとスクリプトを用いて、開発者が容易に、時計や電卓アプリケーションなどの新しいプラグインをWindowsデスクトップに作成できるようにするものである。

 ガジェットは自動的には実行されないが、自動的にインターネットを介して通信することができるため、攻撃者の標的になるのではないかとSymantecは懸念している。

 Symantecはまた、Vistaの新たなメモリ技術「Address Space Layout Randomization」(ASLR)は、プログラムをメモリ上にランダムにロードすることにより、サービス拒否(DoS)攻撃を減少させようとしているが、その処理はSymantecが期待するほど安全ではないことを発見した。

 Friedrichs氏は、「アドレスのランダム性は、われわれが期待するほど高度でないことがわかった」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化