編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KCCS、文書管理ソリューション「GreenFile X」の最新版

WebBCN (BCN)

2007-03-12 11:28

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、文書管理ソ リューション「GreenFile X」の最新版「GreenFile X Version1.1」を発売し た。ライセンス料は1CUあたり315万円から。

 最新版では、新たにドラッグ&ドロップによるファイル登録機能を搭載。.NETフレームワークを利用し、ドラッグ&ドロップでのファイルの追加を可能に した。有効期限を過ぎた文書を自動的にゴミ箱へ移動する「有効期限設定機能」 も搭載し、管理者による廃棄作業の負荷軽減が図れる。上位フォルダのアクセ ス権限を変更する際に、配下の文書フォルダへのアクセス権限まで一括して変 更できる「アクセス権限一括設定機能」も備えた。

 アプリケーションサーバーに「Oracle Application Server 10g」を採用し、 ミドルウェアの統合によるシステム運用管理コストの削減と、利用規模に応じ た拡張性も確保した。対応OSは、サーバー側はRed Hat Enterprise Linux ES3、Windows Server 2003 R2。クライアント側はWindows XP、2000。

 同社では、企業のドキュメントライフサイクルをトータルでサポートするECM(Enterprise Content Management)ソリューションとして提供していく方針。 システムインテグレーションを含み、初年度に1億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]