編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windowsのユーザー補助機能にセキュリティリスクの可能性

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-03-16 17:19

 McAfeeによると、Windowsに搭載されているユーザー補助機能「StickyKeys」(固定キー機能)はセキュリティリスクになる可能性があるという。この問題は、「Windows 2000」「Windows XP」で確認されており、最新の「Windows Vista」でも未対応のままだという。

 StickyKeysは、「Shift」キーを5回連続で押すことで機能を有効にできる。「Shift」「ALT」「CTRL」といったファンクションキーやWindowsスタートキーを押せば、次のキーが押されるまで、そのキーを押した状態を維持できる固定キー機能だ。

 McAfeeが今週投稿したブログには、「無害のように思えるだろうが、それは大きな間違いだ」と書かれている。

 McAfeeによると、攻撃者がStickyKeysの実行ファイルを、ほかの実行可能なファイルに置き換えることができることを発見したという。これは、VistaがほかのバージョンのWindowsと同様に、StickyKeys機能を開始するファイルの整合性を確認しないために可能となっているという。

 たとえば、攻撃者はこれを利用してコマンドプロンプトをセットできる。その後、Windowsにログオンする前にそのコマンドプロンプトを開始し、マシンのアクセス権を取得することが可能という。

 だが、McAfeeは、攻撃者にはいくつかの大きな障害があることも認めている。まず、StickyKeysを開始するファイルを置き換えるためには、システムへの完全なアクセス権が必要となる。また、ファイルの置き換えが可能だとしても、マシンを攻撃するためには、攻撃者は物理的にマシンを操作する必要がある。

 Microsoftでは、このような障害からStickyKeyのリスクは大きな問題ではないと述べている。

 Microsoftの関係者は、「これは脆弱性ではない。結果としてシステムの管理権限をもったユーザーがログオンスクリーンからコマンドを実行することができるということだ」と述べ、「ユーザーが管理者権限を持てば、システム上でこうしたことを(普通に)できる。だからこれに別段問題はない」と語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]