編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTコムウェア、フィッシング対策ソリューションを第四銀行が導入

WebBCN (BCN)

2007-03-23 11:01

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は3月22日、電子透かしを利用したフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT(フィッシュカット)」を、第四銀行(小島国人頭取)が導入し、28日の午前9時から同行のホームページでの利用を開始すると発表した。フィッシュカットの導入は、第四銀行で3行目になる。

 「PHISHCUT」は、金融機関やインターネットバンキング、ショッピングサイトなどのWebサイトに電子透かしを埋め込み、利用者の専用ソフトと認証システムとで連携して認証するサービス。これにより、フィッシングサイトの検出や、フィッシングサイトへの重要情報の送信を防止する。

 認証システムと専用ソフトのダウンロードサイトは、NTTコムウェアがASP方式で提供するため、短期間で導入でき、初期導入費用もかからない。また、専用ソフトが自動的に認証を行うため、利用者もソフトをインストールするだけで利用できる。

 NTTコムウェアでは今後も金融機関を対象に積極的な販売を展開し、07年度で1億円の売り上げを目指す。

NTTコムウェア=http://www.nttcom.co.jp/
第四銀行=http://www.daishi-bank.co.jp/
「PHISHCUT」=http://www.nttcom.co.jp/phishcut/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]