編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

一足先にSaaS 2.0モデルへの進化を遂げたセールスフォース・ドットコム

山下竜大(編集部)

2007-03-28 18:36

 IDGジャパンが3月28日〜29日の2日間、都内で開催しているSaaS(Software as a Service)専門のカンファレンス「SaaS World Conference & Demo 2007」初日の基調講演にSalesforce.comのワールドワイドコーポレートセールス&サービスプレジデント、Frank van Veenendaal氏が登場。SaaS 2.0実現に向けた取り組みを紹介した。

 「20世紀半ばのプラットフォームは、メインフレームを中心とした集中型のプラットフォームであり、20世紀後半のプラットフォームはオープンシステムによる分散型のプラットフォームが主流だった。21世紀には、ソフトウェアが終焉をむかえ、オンデマンドが新たなプラットフォームになる」(van Veenendaal氏)

 この言葉を裏付けるように同社のサービスを利用する顧客企業はワールドワイドで2万9800社。日本だけでも3万ユーザー以上が利用しており、2006年には日本市場での成長率が40%を超えている。van Veenendaal氏は、「日本でもSaaSモデルの浸透が加速している」と話している。

セールスフォースのフランク・ヴァン・ヴィーネンダール氏 Salesforce.comのワールドワイドコーポレートセールス&サービスプレジデント、Frank van Veenendaal氏。

 SaaSモデルが加速している理由を同氏は、「従来のソフトウェア開発は複雑でコストがかかりすぎる。また、導入期間も長期にわたり、専任のスタッフによるメンテナンスやアップグレードが必要になる。こうした理由からソフトウェア開発の50%は失敗していると言われている」と話す。

 そこでSalesforce.comでは、コンシューマウェブサイトからイメージを得て、現在のサービスモデルを作り上げている。「GoogleやYahoo!、iTunes、eBay、amazon.comなどは、専用のソフトウェアを導入しなくてもサービスを利用できる。ビジネスアプリケーションがコンシューマウェブサイトのように簡単に利用できないのはなぜか考えた」とvan Veenendaal氏。この発送から生まれたのが、Salesforce.comだ。

 「従来のように複数のソフトウェアを高いメンテナンスコストを支払って1つひとつ導入し、ひとつのプラットフォームとして統合するのではなく、ひとつのプラットフォームに複数のサービスを導入するマルチテナント方式によるビジネスウェブを実現することが必要になる」(van Veenendaal氏)

 つまり、独立した店舗が並ぶ商店街を造るのではなく、テナントを寄せ集めたショッピングモールを造ることが効果的ということだ。独立した店舗では、ブームが去ってもその店舗を違う店舗に造り直すのはたいへんだが、テナント方式であれば容易にテナントを入れ替えることが可能。変化に柔軟に対応することができる。

SaaS 2.0に進化したSalesforce.com

 Salesforce.comが次に目指す世界がSaaS 2.0だ。同社が実現するSaaS 2.0では、アイデアから開発、掲載、プロモーション、販売、請求、回収までの一連のプロセスをライフサイクルとして提供する。具体的には、IdeaExchangeでアイデアを出し、Apexで開発、AppExchangeでプロモーションを行い、AppStoreで販売するという仕組みを実現する。

 van Veenendaal氏は、「顧客企業は、コミュニティでアイデアや意見を交換し、アプリケーションを短期間に構築し、商業的な成功を収めることができる」と話す。IdeaExchangeで交換された意見やアイデアは、Salesforceの最新版である「Spring '07」にも反映されている。

 「我々は常に進化していく。拡張性はこの2年間で7倍の1日に7000万トランザクションを処理できるようになり、アクセス性能は2倍に向上している。ソフトウェアの未来は、電機や電話のように、より一層ユーティリティコンピューティングへと進化していくだろう」(van Veenendaal氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]