編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、デスクトップPC向けクアッドコアプロセッサを発表

CNET Japan Staff

2007-04-10 12:16

 インテルは4月9日、デスクトップPC向けのクアッドコア(4コア)プロセッサ「インテル Core 2 Extreme プロセッサー QX6800」を発表した。同社のクアッドコアプロセッサとしては12番目の製品となる。

 QX6800は、「インテル Core マイクロアーキテクチャー」を採用している。動作周波数は2.93GHzで、フロントサイドバスは1066MHz、L2キャッシュは8Mバイト(2×4Mバイト)。ゲームユーザーやプロのデジタルデザイナーなどのパワーユーザーにも適している。インテルによると、既存製品の「インテル Core 2 Extreme プロセッサー X6800」と比較した場合、ビデオのエンコードで最大65%の高速化を達成したという。

 QX6800は、65ナノプロセス技術で製造されている。価格は、1千個受注時で1個あたり14万2380円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]