編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CTCとKDDI、無線LAN対応au携帯電話ベースのIP電話ソリューションで協業

ニューズフロント

2007-04-19 18:19

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とKDDIは4月19日、KDDIの無線LAN対応携帯電話「E02SA」を活用したIP電話ソリューションで協業すると発表した。

 E02SAは、通常のau携帯電話として使えるほか、無線LAN対応VoIP内線電話としても利用可能な電話端末。端末1台で社内外の通話をカバーできるため、効率的な企業ネットワークの構築が可能という。

 この協業により、CTCは、以前から提供していたシスコシステムズの呼制御ソフト「Cisco Unified CallManager」、ネクストジェンの第3世代(3G)携帯電話/無線LANデュアル端末対応SIPサーバ「NX-E1000」、米Aruba Wireless Networksのモビリティコントローラ/アクセスポイントによる「ワイヤレスIP電話ソリューション」で、E02SAの取り扱いを始める。

 両社は、同ソリューションの提供を7月に開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]