MS、Windows DNS脆弱性のパッチを開発中--5月の月例パッチで提供予定

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月20日 16時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月8日に予定している月例パッチリリースで、先日明らかになった「Windows Domain Name System(DNS)」サービスに関する脆弱性に対応する修正パッチを提供する計画だ。

 Microsoftのセキュリティレスポンスセンターの職員であるChristopher Budd氏は米国時間4月17日、企業ブログにて、「現在開発状態であり、われわれは開発状況および状態を常に評価し、アップデートを検証している」と書いている。

 Budd氏によると、Microsoftは現在133件のアップデートに取り組んでいるという。

 Budd氏は、「Windowsサーバが現在サポートするすべての言語バージョンにつき1つとなる」と書いている。そして、「脆弱性から効果的に保護できるかどうか、開発したパッチを1つずつ検証する必要がある」と続けている。

 この脆弱性が影響するのは、「Windows 2000 Server」と「Windows Server 2003」となっている。Microsoftは先ごろ、この脆弱性を悪用した「限定的な攻撃」をすでに確認していると警告していた。エクスプロイトコードが公開されて以来、この脆弱性を攻撃するNirbotの亜種が発見されている。

 Windows DNSサービスへの攻撃は、細工を施したデータを送信することで行われる。DNSサービスは、文字ベースのインターネットアドレスと数字で書かれたIPアドレスを対応させるものである。今回明らかになった脆弱性はDNSのRPCインターフェイスに影響する。Remote Procedure Call(RPC)は、アプリケーションがネットワーク経由でリクエストを送信するのに利用されるプロトコルである。

 DNSはネットワークインフラにおいて重要な部分であることから、Microsoftはパッチには細心の注意を払っている、とBudd氏は書いている。「これらのパッチを適応することで、修正しようとしている問題よりもさらにリスク高い問題を引き起こすことがないよう検証しなければならない」(Budd氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化