ソニーの映像共有サービス「eyeVio」を構築した企業とは?

CNET Japan Staff

2007-04-27 22:00

 ソニーは4月27日、インターネットを使った映像共有サービス「eyeVio」を開始した。このeyeVioを構築したのは、ウルシステムズだ。同社が27日明らかにした。

 eyeVio構築プロジェクトにおいてウルシステムズは、AjaxやマッシュアップなどのWeb 2.0技術を活用し、ウェブでありながらユーザーがリビングでテレビを見る時と同じような映像視聴を可能にした。ウルシステムズでは、2週間に1回リリースする反復開発の手法と要件を動的に管理するツールを用い、ユーザーからのフィードバックやビジネスアイデアを迅速に反映した。

 プロジェクト全体はウルシステムズが統括したが、パートナーと共に少数のクロスファンクションチーム体制を整備した。ユーザーインターフェースの設計やデザインなどはシンクが、実装はギガプライズとの連携で実現した。

 ウルシステムズは、「ユーザーに広く受け入れられる新しいインターネットサービスを立ち上げるためには、ビジネスのアイデアをすばやくシステム化できる設計力や、少人数かつ短期間でユーザーのフィードバックを反映しながら作り上げていく柔軟性のある新しい開発方法論、企画・設計からデザイン・開発に至る工程を網羅できるチーム体制が必要不可欠だ」としており、eyeVio構築パートナーとして同社が選ばれたのは「わが社は、上流設計や先端技術の導入、短期開発体制の整備で定評があるため」としている。

 ソニー コーポレートディベロップメント部 ネットメディア開発室 チーフプロデューサーの本間毅氏は、「本プロジェクトを少人数で統括し、短期間で新サービスの実現に導いてくれたウルシステムズコミュニケーション力と技術力に今後も期待している」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]