編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBMがHoplon Infotainmentと協業--先進3Dシミュレーションをメインフレーム上で実現

CNET Japan Staff

2007-04-27 22:11

 IBMは4月26日、Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)とIBMメインフレーム機能とを統合するプロジェクトを進めていることを明らかにした。

 このプロジェクトは、3Dインターネットなど次世代の「バーチャル空間」用のアプリケーションを操作するための速度とパワー、セキュリティ機能を搭載したハイブリッドシステムの実現を目的としたもの。

 「特別な専用プロセッサ(specialty processors)」により、動作の高速化や、多くのユーザーが同時に単一の世界を共有するバーチャル空間を創出するために必要な超高速通信を実現。メインフレーム能力を有効活用できる。

 同プロジェクトは、IBMの研究所や各ソフトウェア/ハードウェア部門の専門知識を生かし、ブラジルのオンラインゲーム会社であるHoplon Infotainmentと協力して進められている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]