編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通、内部統制ソリューションを強化--推奨制度の開始や新パッケージの提供

ニューズフロント

2007-05-08 19:48

 富士通は5月8日、内部統制強化コンサルティングなどで構成するソリューション製品「内部統制強化支援ソリューション」について、推奨ソリューションを紹介する取り組みを行うほか、新規パッケージやツールを提供することを発表した。

 富士通では今後、金融商品取引法(日本版SOX法)で求められる要件などをベースとする内部基準を独自に策定し、この基準を満たすソリューションに推奨マーク「Internal Eyes」を付与する。「限られた期間内で、内部統制強化に必要なソリューションを迅速/的確に検討することが可能となる」(同社)

 また、内部統制教育と内部統制整備用の各種テンプレート、ウェブによるQA対応を組み合わせたパッケージ「文書化基本セット」の提供を開始した。税別価格は300万円。そのほか、6月末には、文書管理ツール「PRODocumal」に内部統制オプションを追加する。こちらの税別価格は100万円となる。

 富士通は、2008年3月末までに、内部統制強化ソリューション全体で売上高150億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]