「グーグルが大規模な企業向けサービスを計画」--The Google Legacy著者が予言

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月14日 12時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはウェブ検索広告企業として知られているが、「The Google Legacy」の著者で、Googleの特許を詳細に調査するStephen Arnold氏によると、同社には企業向けサービス開始に向けた大規模な計画があるという。

 Arnold氏は、技術企業の特許を分析することにより、その企業の戦略を解明している。同氏によるとGoogleによる数件の特許申請からは、「Google Search Appliance」を、社員が社内ネットワークからデータ検索するためだけのツール以上のものに発展させようという同社の計画が垣間見られるという。Google Search Applianceは近い将来、検索以上の機能を持つことになる「トロイの木馬」であるというのが同氏の見方だ。同氏は、「Determination of a Desired Repositor(最適なリポジタの決定)」と「Programmable Search Engine(プログラム可能な検索エンジン)」という2件の特許を取り上げ、これらがネットワーク上のノードとほとんど同じようにGoogle ApplianceをGoogleのデータセンターに接続することを可能とする技術だと述べている。

 同氏は米国時間5月14日発表予定のリリースで、「この接続により、ライセンス保有者(Applianceユーザー)は、Googleのサーバの演算能力や、そこで稼働するアプリケーションを利用することができるようになる」と記している。

 「さらに興味深いことに、これはGoogleのサーバ宛てに、新しい情報製品に含ませたいデータを送信することができ、このデータへのアクセス料としてユーザーに課金することができる」という。例えば、販売者は、商品のカタログ全体を自分のアプライアンスから直接Googleに送信することができ、また同様の方法で企業はGoogleから直接ビデオなどのコンテンツを得ることができる。複数のユーザー間でデータを交換することも可能である。

 Arnold氏は、「検索は今日のサービスである。今後は、電子メール、エンタープライズアプリケーション、さらにはさまざまな分野における革新的な提携関係となり、アプライアンスのライセンス保有者がより効率的に情報を活用できるよう支援するのだ」と記している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化