編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バッファロー、19インチラックに設置できるRAID対応LAN接続HDD4機種

WebBCN (BCN)

2007-05-17 12:19

 バッファロー(斉木邦明社長)は5月16日、高さ2U(約9cm)で、業務用19イ ンチラックにも設置できるRAID対応のLAN接続HDD「TS-2UHTGL/R5シリーズ」と、 専用の交換HDD「TS-OPHD-2UHTシリーズ」を6月下旬に発売すると発表した。

 「TS-2UHTGL/R5シリーズ」はオフィスでのデータ共有での利用を想定。デー タの保護や復旧、メンテナンス機能などを搭載する。長時間の稼動が可能な設 計で、RAID1、5に加え、ミラーストライピング(RAID10)に対応する。容量が4-1TBの4種類をラインアップした。

 きょう体には省スペース性を実現する横置き型を採用。複数台を設置する場 合は3台まで積み重ねが可能なほか、EIA規格に準拠した19インチラックにも設 置できる。

 専用の交換HDD「TS-OPHD-2UHTシリーズ」は厳正な検査を通過したHDDだけを 使用。全数エージング検査も実施した。容量が1TB、750、500、250GBの3機種 を用意した。

 価格は、「TS-2UHTGL/R5シリーズ」の1TBモデルが10万6300円、2TBモデルは 17万8900円、3TBモデルが26万4100円、4TBモデルで36万円。「TS-OPHD-2UHTシ リーズ」は、1TBタイプが8万9800円、750GBタイプは8万3900円、500GBタイプ が5万7300円、250GBタイプで2万3200円。このうち、「TS-2UHTGL/R5シリーズ」 の3TBと4TBモデル、「TS-OPHD-2UHTシリーズ」の750GBと1TBタイプは受注生産 品。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]