編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

あなたに最適なOffice 2007のエディションはどれ? - (page 3)

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有

2007-05-22 08:00

一部のエディションでのみサポートされている機能を事前にチェック

 必要としているアプリケーションを含んでいるOffice 2007のエディションを絞り込めたのであれば、統合ECMや統合電子フォーム、高度なIRM、ポリシー機能といった高度な機能も必要かどうかを検討することになる。

 例えば、Microsoft Office Standardには必要なアプリケーションすべてが含まれているものの、IRMで保護された文書やスプレッドシート、プレゼンテーション、電子メールメッセージを作成したいという場合には、そういった機能が搭載されているOfficeのエディションが必要となる。Office 2007の一部のエディションでのみサポートされている機能について以下に説明する。

  • 統合ECM:MicrosoftのECMとSharePoint Server 2007を連携させることで、Officeプログラムで作成されたコンテンツを管理できるようになる。例えば、PowerPointのスライドを専用のスライドライブラリに格納しておくことで、ユーザー間で個々の既存スライドを共有し、再利用できるようになる。また、ドキュメントにワークフローテンプレートを適用することで、レビューや承認のプロセスを改善することもできる。さらに、バーコードやラベルをドキュメント内に埋め込むこともできる。Office 2007のエディションのうち、Professional PlusとEnterprise、およびUltimateエディションではECM機能をすべて利用することができる。ユーザーはワークフロータスクの開始から完了までをOfficeアプリケーション内で行い、プレゼンテーションや個々のスライドおよびスプレッドシートをライブラリに公開し、メタデータからバーコードやラベルを作成することができる。Office 2007のエディションのうち、StandardとProfessional、Small Business、Home and StudentおよびBasicでは、ワークフロータスクの開始から完了までをウェブブラウザから行ったり、PowerPointを用いてライブラリを閲覧して既存のスライドを利用してプレゼンテーションを作成したり、ウェブブラウザを用いてライブラリのスプレッドシートを閲覧または利用したり、Officeドキュメント中の既存のバーコードやラベルを読み取ったり印刷したりすることができる。
  • 統合電子フォーム:電子フォームはInfoPath 2007を通じて作成され、InfoPathクライアントを通じて、もしくはフォームがSharePointサーバに公開されている場合にはウェブブラウザ内で入力することができる。Office 2007のエディションのうち、InfoPath 2007クライアントソフトウェアが含まれているのはProfessional PlusとEnterprise、およびUltimateであり、電子フォームを作成したい場合にはこの3つのエディションのいずれかが必要となる。
  • 高度なIRM:Office 2007のエディションのうち、IRMで保護されたコンテンツの作成と閲覧の双方が行えるのはProfessional PlusとEnterprise、およびUltimateである。他者の作成したIRM保護コンテンツを閲覧する機能のみが必要である場合には、Office 2007のエディションのうちStandardとProfessional、Small Business、Home and Student、Basicのいずれかを使用することができる。また、無償ダウンロードが可能な権利管理アドオンをインストールすることで、Internet Explorer 7またはInternet Explorer 6でIRM保護コンテンツを閲覧することができるようになる(ただし作成や変更を行うことはできない)。

まとめ

 Microsoft Office 2007に数多くのエディションが用意されているということは、最適なエディションの選択が困難になる場合もあるものの、あなたのニーズと予算に合うエディションが存在する可能性も高くなるということを意味している。重要なのは、各エディションに何が含まれているのかを把握し、必要なアプリケーションと機能すべてを入手しつつ、不要なものに対する出費を避けることである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]