NEC、OSS関連事業強化のため、中堅・中小企業をターゲットにした新施策

WebBCN (BCN)

2007-05-31 11:09

 NEC(矢野薫社長)は5月30日、中堅・中小規模企業にオープンソースソフト ウェア(OSS)の普及を促進するため、「SpikeSourceコアスタック」(SSCS)を活用した連携ソリューションの提供、SIerなどとの幅広い連携を図る「パー トナープログラム」を開始すると発表した。

 連携ソリューション提供のため、「Certificationプログラム」を開始する。 同プログラムでは、コンテンツ管理やCRM、Blog/SNS、BIなどの業務アプリケー ションとSSCSの組み合わせを動作検証し、動作確認した業務アプリケーション を認定業務アプリケーションとして公表する。

 現在、同プログラムに基づき「SugarCRM」「U・NEO」「CommunityBase」を 認定しており、他にも「MovableType」「OpenPNE」などの製品の動作検証を進 めている。さらに、連携ソリューションの基盤としてのOS、ハードウェア、NECの主要ミドルウェアなどとSSCSとの組み合わせ検証も実施する。同社は、こ の検証結果に基づき、システム構成情報や構築手順などをテンプレート化、シ ステム構築作業の簡便化を進める。

 「パートナープログラム」では、SSCSおよび連携ソリューションを扱うパー トナー各社を支援。パートナータイプとして、ソリューションを販売する「ソ リューションパートナー」、テクニカルサポートを提供する「テクニカルパー トナー」、SSCSと連携する業務アプリケーションを提供する「プロダクトパー トナー」を設定。パートナータイプに応じて、体系的な販促・技術面のサービ ス/サポートを提供する。

 このほか、IDC/xSPベンダーがSpikeSourceコアスタックを活用したソリュー ションやサービスを構築するためのサービス基盤も提供する。このサービス基 盤を使うことで、IDC/xSPベンダーはWeb2.0ビジネス向けサービスを容易に構 築できる。NECビッグローブ(鈴木俊一社長)では、同サービス基盤を活用し、 BIGLOBE専用サーバーサービスとして「SpikeSourceコアスタック」オプション のサービス化を計画、6月に提供開始する予定。

 NECでは、この「SpikeSourceコアスタック」を活用したソリューションの提 供により、関連するハードウェア・サポートサービス事業も含めて今後3年間 に200億円の販売を見込む。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]